洗顔料の泡立て方を練習中です!

こんにちは。

私は、中学生くらいの頃から顔にニキビが出来やすい体質で20代の今でもポツポツと顔にニキビが出来てしまいます。
デコルテなどにも出来てしまったりするので、困っている日々です。

若い頃は、今よりもずっと症状がひどかったので、色々市販のニキビケア商品を使ったり、雑誌で見た方法を試したり、、
それでも、効果がないので、スキンケアの専門の皮膚科などにも通っていたのですが、あんまり変わらず処方された漢方も即効性がないため、きちんと飲まないままでした。

今は、その頃よりは大分マシになりましたが、若い頃は全体にニキビが出来ていたからか、最近昔は気にならなかったことが気になるようになって来ました。

毛穴です!!!
顔全体的に気になるようになって、特に鼻、頬がひどいんです。
なかなかファンデーションを使っても肌がキレイに見えない。涙
若いときに、出来たニキビをつぶしたりしていたせいなのかな、と思いながら必死にどうにかならないかと模索しています…笑

本当キレイな肌の方ってそれだけで何倍も美しく見えますよね?
周囲のお肌のキレイな方を見ては、羨む日々です。。。
体質もあるのかなーと半ば諦めていました。

そんな悩みを抱えつつ過ごしておりまして、この前、お友達の家に遊びに行って、「毛穴が気になるー」と話をしていたところにたまたま居合わせた、お友達のお母さんが「スキンケアは洗顔が一番大事!!」と、アドバイスをくれました。
そのお母さんはたしかに美容アドバイザーをしていたそうで、たしかにお肌が年齢のわりにキレイなんです。
そして、たぶん私をほおっておけないのか「https://xn--dcko6fsa5b1a8gyicbc.biz」というサイトを教えてくれ、そのままの流れで私に洗顔料の泡立て方をレクチャーまでしてくれました笑

「泡立てネットは使わないでなるべく自分の手で泡を作ったほうがいい」
「泡立てる前は手を洗って、キレイな状態にしないといい泡はつくれない」などなど、教えてくれ、「まずは大きい泡を作るために、空気を沢山含むようにゆっくり泡立てて」とのこと。
そして、泡が自分の拳大ほどの量になったら、そのあとは、泡をつぶすように、すりすりと両手をこすり合わせ大きな泡の空気を抜いて行き、きめ細かな泡にするんだそうです。

その時お母さんが作ってくれた泡は、本当に弾力があって水の中に入れても、ジュワ~っと消えて行かないんです!

その弾力のある泡で、こすらないように、おさえるように顔を洗うんだそうです。
「この泡立てさえマスターすれば、どの洗顔料でも応用出来るから練習してごらん!」
と言ってくれました。
肌のためには、泡で優しく洗って決してこすらず、毛穴対策のため、最後は冷水で冷やして肌をシメなさい、と言われました。

たしかに、同じ洗顔料を使うにしても、泡立て方が違えば洗い上がりも違います。
それから、せっせと毎日泡立てを練習していますが、最後の泡をつぶして、空気を抜くところがまだうまくいきません!

お母さん曰く、「若い人は少し練習すればすぐ出来るようになるよ!」とのこと。

その言葉を信じ、最近はもっと弾力のある泡を目指して、毎日泡立てを練習する日々です。
いい泡で洗って、キレイなお肌目指して頑張っています!☆